エコガラスとは

TOP
HOME > 日興のこだわり > エコガラスとは

鉛を含まないエコクリスタル

一般的なクリスタルガラスには、透明度を高めるため、ガラスの主成分のほかに酸化鉛が含まれています。 この酸化鉛が30%以上含まれ、密度が3.00g/cm3以上のものを「フルレッドクリスタルガラス」とよばれます。 高級装飾品や高級食器には、重量感や透明度、さらに打音の美しさなどの理由からフルレッドクリスタルガラスが使用されることが多いです。
しかし、近年では地球環境や公害問題の観点から鉛の使用を控えるようになり、代わりに酸化カリウムやチタンバリウムなどを使用したクリスタルが主流になってきています。 こうした酸化鉛を使っていないクリスタルガラスを総称して「エコクリスタル」と呼んでいます。
日興インターナショナルでは、このエコクリスタルを使った商品を提供しています。
  イメージ
名称 金属酸化物含有量 屈折度(nD) 密度(g/c㎥)
クリスタルガラス 酸化鉛を含む フルレッドクリスタル 酸化鉛30%以上 1.520以上 3.00以上
レッドクリスタル 酸化鉛24%以上 1.520以上 2.90以上
セミレッドクリスタル

酸化鉛単独で10%以上含み24%未満のものまたは

酸化バリウム、酸化亜鉛を合計で10%以上含むもの

1.520以上 なし
酸化鉛を含まず エコクリスタル 酸化カリウム、酸化バリウム、酸化チタニウム、酸化亜鉛などを単独または合計で10%以上含むもの 1.520以上 なし

社団法人 日本硝子製品工業会「クリスタルガラス定義」より

K9クリスタルを使用

エコクリスタルにもグレードがいくつかあり、日興インターナショナルで使用しているのはグレードの高い「K9」を使用しています。
もちろん酸化鉛0%で、光学レンズなどにも使用されます。
 
   
  • 商品についてのお問い合わせは、こちらまで。
    お気軽にお問い合わせください
  • 受付時間 9:00~18:00TEL:03-5820-8825
お問い合わせはこちら
BOTTOM