クリスタルガラス彫刻の種類

TOP
HOME > ガラス彫刻の記念品 > クリスタルガラス彫刻の種類

加工の種類

透明感のあるクリスタルに、2D、3D、サンドブラスト、ダイレクトプリントなどご要望に応じていろいろな加工をいた します。

2D加工

イメージ
 
正面
 
側面
 

3D加工

最先端のCG作成ソフトで製作した3Dデータを使用して、クリスタル内部にレーザー彫刻で立体的に再現します。前後左右のどこから見ても高密度でリアルな立体彫刻が見えます。
イメージ
 
正面
 
側面
 

3D特殊版加工

通常版では再現できない細かな陰影やグラデーションをよりリアルに美しく再現するための技術です。正面から見た時の美しさを最大限に引き出すため高密度でリアルな立体彫刻が見えます。
t001.jpg
 
t002.jpg
 
t003.jpg
 

サンドブラスト

細かな砂の粒をガラスに勢いよく吹き付けます。粒の当たった箇所はスリガラスのようになり、マスキングを貼り付けた箇所は影響を受けずそれにより、図柄をつけることができます。
イメージ
 
正面
 
側面
 

ダイレクトプリント

インクジェット印刷なので、質感を損なわずクリスタルガラス特有の透明感と高級感が保てます。特殊処理をしているので、通常の使用においてはがれることはありません。
イメージ
 
正面
 
側面
 

お手持ちの写真や画像を、そのまま再現できます

レーザーの点の密度を調整して、写真などの濃淡がある描写が可能ですので、お客様の好きな画像や文字、データ等を2Dで入れることができます

  • 商品についてのお問い合わせは、こちらまで。
    お気軽にお問い合わせください
  • 受付時間 9:00~18:00TEL:03-5820-8825
お問い合わせはこちら

BOTTOM